「ほっ」と。キャンペーン

あをによし 奈良の都の 薬草曼荼羅

toneriver.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鎮花祭 ( 3 ) タグの人気記事

桜の花にこめられた祈りと癒し

f0223014_23401110.jpg

f0223014_23401220.jpg

桜といえば、ソメイヨシノが代表的な日本の桜であるが、オオシマザクラ(大島桜)は、私が最も好きな桜の花である。淡い桜色のソメイヨシノも美しいが、オオシマザクラのような白い花もとても美しい。

オオシマザクラの葉は、道明寺(桜餅)に使われている。オオシマザクラの葉を塩漬けにすると、独特の香り(いわゆる、桜餅のような香り)がするが、それはクマリンという成分が発せられる。ちなみに、塩漬けにしないと、クマリンは出てこない。

サクラは、生薬としては、桜皮(サクラの樹皮)が用いられ、鎮咳、去痰 解毒、解熱などの作用がある。
食用としては、ヤエザクラ(八重桜)の花を桜湯(おめでたい席でよく飲まれる、桜の花のお茶)として、オオシマザクラの葉を桜餅を包む葉として用いられるが、花も葉も、どちらも塩漬けにする。
最近では、サクラの花や葉にも、抗酸化作用、抗糖化作用、美肌作用などがあると研究されているらしい。また、民間療法では、桜湯や桜酒を飲むと、精神安定や安眠、喉の痛み、二日酔いなどにもよいとされている。

ところで、桜で私が思い浮かぶものは、奈良県の吉野の桜と、三輪の大神神社(三輪明神)の鎮花祭(はなしずめのまつり)である。

吉野山は、言わずと知れた桜の名所である。吉野の桜の由来は、修験道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)が、修行をしているときに蔵王権現様が現れて、感得し、ヤマザクラの木で蔵王権現様の姿を刻み、お祀りしたことに始まると言われている。だから、吉野の桜は、お花見のためにではなく、蔵王権現様への信仰心のために植えられたのだ。つまり、吉野では、桜が神木なのである。

もうひとつ、大神神社(三輪明神)には、「鎮花祭(ちんかさい、はなしずめのまつり)」がある。昔、桜の花びらが風に舞い散る頃、同時に病気も花びらに乗って、風とともに広がり、病気が流行ると言われてきた。そのため、花を鎮めようとしたのである。このお祭りでは、大神神社のご神体である三輪山に自生するスイカズラ(忍冬、金銀花)とササユリ(笹百合)がお供えされる。どちらも、薬草として使われている。スイカズラは、抗菌、解熱、鎮痛などの作用があるとされている。ササユリ(ユリ科ユリ属)は、解熱、鎮咳などの作用があるとされている。
鎮花祭は、毎年4月18日に行われる。
鎮花祭では、特別に、「鎮花御幣」と「忍冬酒」が授与される。鎮花御幣は、疫病除であり、健康長寿を祈念する。忍冬酒は、三輪山のスイカズラと狭井神社のご神水で作られている。
私は、この鎮花祭のことを、くすり博物館(岐阜県各務原市)で知った。その時、桜の花びらが散る頃に病気が流行る、ということが、なぜか妙にこころに残り、いつか大神神社に行きたいと思った。その数年後に奈良に通うようになってからは、奈良が、祈りと癒しの特別な場所に思えた。今では、奈良に行くことが、私にとって、こころとからだの健康に役立っているような気がする。

桜には、いろんな祈りや癒しが秘められている。
たとえば、お花見で、お酒を飲んでどんちゃん騒ぎすることはマナーが悪いと言われるが、あえて、桜の木の下で飲んで騒いで楽しむこと自体に、何らかの意味があるような気がする。飲んで騒いでいたら、桜の花なんて見てないんじゃないか、とも思えるが、実は、それって、昔からやっているお祭り、ハレの日と同じことなんじゃないだろうか。飲んで騒いで楽しんで、自分自身を解放する時間は大切である。

桜の花は、目で見ても綺麗だし、味わうことや香りを楽しむこともできる。薬用にもなり、こころやからだも癒される。そして、華やかに咲いて、潔く美しく舞い散ることが、日本人の精神性を培ってきた。

日本の国花である桜の花が、日本人の祈りと癒しの象徴であることは、偶然ではなく、意味のあることのように感じられる。

tone
[PR]
by tonepedra | 2012-04-17 23:40 | 薬草/植物療法

くすり道

f0223014_062263.jpg

f0223014_062224.jpg

f0223014_062255.jpg

奈良県桜井市にある大神神社は、大和一ノ宮であり、三輪明神とも呼ばれている。地元の人々は、親しみをこめて、「お三輪さん」と呼んでいる。三輪山をご神体としており、日本最古の神社と呼ばれているもののひとつである。

大神神社には、「くすり道」という道がある。大神神社から、その摂社である狭井(さい)神社までの間の僅かな距離であるが、製薬会社の協力で作られており、道の両脇には薬草や薬木が植えられている。人工的に作られた薬草・薬木の道であるが、狭井神社が、くすりの神社であることを象徴している。
狭井神社は、くすりの神様である少彦名大神をまつっているからである。

4月18日は、大神神社と狭井神社の鎮花祭(ちんかさい)の日である。
鎮花祭は、大神神社では毎年4月18日10時半から執り行われる。他にも、関西ではいくつかの神社が行っているようだが、日にちは神社によって異なる。
毎年、桜の花びらが舞い散る頃、花びらとともに疫病が流行ると信じられ、花を鎮めようとした。これが、鎮花祭、「はなしずめのまつり」である。「薬まつり」とも呼ばれている。
鎮花祭では、薬草である百合根や忍冬が供えられる。
そして、神社では、この時期限定の御幣や忍冬酒が授与される。鎮花祭の御幣は、疫病除けのお守りである。忍冬酒は、狭井神社のご神水で作られたもので、からだがよく温まり、関節などの痛みに効果があるとされている。

私は、残念ながら、今年鎮花祭にお参りすることはできなかったが、健康に生きていることに感謝し、これからも健康で生きられることを祈った。

「くすり道」とは、いわば、私たちが健やかに生きるための道しるべである。よく食べ、よく寝て、よく運動する。また、よく感じたり、よく考えたり、泣いたり笑ったりして、精神のバランスを整えることも大切である。こころもからだも、バランスよく生きることが、より良く生きるための道である。

tone
[PR]
by tonepedra | 2010-04-19 00:06 | 薬草/植物療法

散り桜、そして葉桜の季節へ

f0223014_639100.jpg

桜の花びらが風に舞い散る季節となった。そして、枝のところどころでは、みずみずしい葉が芽吹いている。

満開の桜は、とても華やかで素晴らしいが、私は、散り桜と葉桜も好きである。散りゆく花びらを惜しみながらも、新しい葉の芽吹きに、わくわくする。葉桜は、いのちの力強さと躍動感を感じさせられる。

だが、昔の人は、風に桜の花びらが舞い散る頃、花びらとともに、病が風によって運ばれて流行ると考えられていた。確かに、季節の変わり目だから、体調を崩しやすく、病が流行ったのだろう。
だから、昔の人は、病が流行らないよう、風に乗った花びらが病を運ばぬように、花を鎮めようとした。それが、「はなしずめのまつり」、つまり「鎮花祭」である。

奈良の人々から「お三輪さん」と呼ばれ親しまれている大神神社(おおみわじんじゃ)、別名、三輪明神の中には、狭井神社(さいじんじゃ)という小さな神社がある。狭井神社では、毎年4月18日に、鎮花祭が執り行われる。
鎮花祭では、薬草が奉納され、美しい巫女さんが優雅に厳かに舞い、最後には参拝者にお酒が振る舞われる。くすりの神さまの少彦さまを奉っているだけあって、製薬会社の参拝が多いのが特徴であるが、私のような行きずりの旅人でも参拝できる。

健康や長寿や幸福を祈り、願う気持ちは、いつの世も同じである。

散り桜の夢幻のはかなさと、葉桜のみずみずしい力強さを感じながら、昔から変わらない祈りに想いを馳せた。

tone
[PR]
by tonepedra | 2010-04-10 06:03 | 植物