「ほっ」と。キャンペーン

あをによし 奈良の都の 薬草曼荼羅

toneriver.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大神神社 ( 2 ) タグの人気記事

くすり道

f0223014_062263.jpg

f0223014_062224.jpg

f0223014_062255.jpg

奈良県桜井市にある大神神社は、大和一ノ宮であり、三輪明神とも呼ばれている。地元の人々は、親しみをこめて、「お三輪さん」と呼んでいる。三輪山をご神体としており、日本最古の神社と呼ばれているもののひとつである。

大神神社には、「くすり道」という道がある。大神神社から、その摂社である狭井(さい)神社までの間の僅かな距離であるが、製薬会社の協力で作られており、道の両脇には薬草や薬木が植えられている。人工的に作られた薬草・薬木の道であるが、狭井神社が、くすりの神社であることを象徴している。
狭井神社は、くすりの神様である少彦名大神をまつっているからである。

4月18日は、大神神社と狭井神社の鎮花祭(ちんかさい)の日である。
鎮花祭は、大神神社では毎年4月18日10時半から執り行われる。他にも、関西ではいくつかの神社が行っているようだが、日にちは神社によって異なる。
毎年、桜の花びらが舞い散る頃、花びらとともに疫病が流行ると信じられ、花を鎮めようとした。これが、鎮花祭、「はなしずめのまつり」である。「薬まつり」とも呼ばれている。
鎮花祭では、薬草である百合根や忍冬が供えられる。
そして、神社では、この時期限定の御幣や忍冬酒が授与される。鎮花祭の御幣は、疫病除けのお守りである。忍冬酒は、狭井神社のご神水で作られたもので、からだがよく温まり、関節などの痛みに効果があるとされている。

私は、残念ながら、今年鎮花祭にお参りすることはできなかったが、健康に生きていることに感謝し、これからも健康で生きられることを祈った。

「くすり道」とは、いわば、私たちが健やかに生きるための道しるべである。よく食べ、よく寝て、よく運動する。また、よく感じたり、よく考えたり、泣いたり笑ったりして、精神のバランスを整えることも大切である。こころもからだも、バランスよく生きることが、より良く生きるための道である。

tone
[PR]
by tonepedra | 2010-04-19 00:06 | 薬草/植物療法

散り桜、そして葉桜の季節へ

f0223014_639100.jpg

桜の花びらが風に舞い散る季節となった。そして、枝のところどころでは、みずみずしい葉が芽吹いている。

満開の桜は、とても華やかで素晴らしいが、私は、散り桜と葉桜も好きである。散りゆく花びらを惜しみながらも、新しい葉の芽吹きに、わくわくする。葉桜は、いのちの力強さと躍動感を感じさせられる。

だが、昔の人は、風に桜の花びらが舞い散る頃、花びらとともに、病が風によって運ばれて流行ると考えられていた。確かに、季節の変わり目だから、体調を崩しやすく、病が流行ったのだろう。
だから、昔の人は、病が流行らないよう、風に乗った花びらが病を運ばぬように、花を鎮めようとした。それが、「はなしずめのまつり」、つまり「鎮花祭」である。

奈良の人々から「お三輪さん」と呼ばれ親しまれている大神神社(おおみわじんじゃ)、別名、三輪明神の中には、狭井神社(さいじんじゃ)という小さな神社がある。狭井神社では、毎年4月18日に、鎮花祭が執り行われる。
鎮花祭では、薬草が奉納され、美しい巫女さんが優雅に厳かに舞い、最後には参拝者にお酒が振る舞われる。くすりの神さまの少彦さまを奉っているだけあって、製薬会社の参拝が多いのが特徴であるが、私のような行きずりの旅人でも参拝できる。

健康や長寿や幸福を祈り、願う気持ちは、いつの世も同じである。

散り桜の夢幻のはかなさと、葉桜のみずみずしい力強さを感じながら、昔から変わらない祈りに想いを馳せた。

tone
[PR]
by tonepedra | 2010-04-10 06:03 | 植物