「ほっ」と。キャンペーン

あをによし 奈良の都の 薬草曼荼羅

toneriver.exblog.jp
ブログトップ

タグ:五感 ( 2 ) タグの人気記事

ストレスと五感

私たちは、日々、ストレスにあふれた社会で日常生活を送っている。
家庭でも、職場でも、地域社会でも、たとえひとりきりでひきこもって生きているとしても、何らかのストレスと向き合って生きている。
ストレスによるうつや自殺は増加し、私が住んでいる東京では、毎日のように、どこかの駅で人身事故が起きている。そして、人身事故が起きても、その人の気持ちや人生を思うことなく、事故で電車が遅れることばかりに気をとられてしまうほど、人々のこころは荒んでいる。

ストレスは、生きていくうえでは切り離すことができないものであるが、ストレスを上手に対処して自分のこころとからだを調和することができれば、ストレスは「人生のスパイス」となって、よりよい人生を送ることができる。

セリエの定義では、ストレスの原因となるものを「ストレス刺激(ストレッサー)」、それに対する心身の反応を、「ストレス反応(ストレス)」と呼んでいるが、日本ではどちらも「ストレス」と呼んでいる。でも、ストレッサーがそのままストレスに結びつくわけではない。ストレスを受けとめる人の感受性や適応力、または人間関係や環境などさまざまな要因が絡み合って、ストレスの重さを左右している。

ストレスの対処方法は、人によって異なるが、たとえば私の場合は、自然に触れたり、お寺や神社をお参りしたり、博物館や美術館に行ったり、おいしいものを食べたりすることである。この時、活用するのが「五感」である。

「五感」は、視覚(見る)、聴覚(聞く)、嗅覚(嗅ぐ)、味覚(味わう)、触覚(触れる)の5つであるが、心身の疲労が蓄積されると、五感は閉ざされ、五感は鈍化する。また、加齢や疾患、症状によっても、鈍化する。
もし、目の前に広大で緑あふれる自然の景色があるとしても、五感を使って感じる感性や感受性が閉ざされていたら、せっかく自然の豊かな景色を見ても、「美しい」とか「気持ちいい」とか「癒される」とか感じることがなく、ストレスの軽減を図ることはできない。

そもそも、「美しい」とか「気持ちいい」とか「癒される」と感じるこころとは、なんだろうか?同じ景色を見ても、その人によって、感じ方は異なる。自然の豊かな景色を見ても、ストレスが発散されて元気になる人もいれば、何も感じない人もいる。
大切なことは、その人に合ったストレスの対処方法を、その人自身が自覚して、ストレスを対処する行動を取れていればよい。
しかし、自分自身のストレス刺激が何なのか、自分のストレスの重さはどのくらいなのか、気付くことができない場合もある。自分のストレスや苦しみに、目をそらして生きようとしている場合もある。

自分のストレスを見つめることは、自分のこころとからだの調和(健康)を維持・向上するために大切なことである。そのために、「五感を開くこと」そして「感性や感受性を磨くこと」は、とても大切なことである。自分自身のこころやからだも含めて、いろんなことを五感で感じることができなければ、ストレスの原因も対処方法も探せない。
五感を使うことは、ストレスの軽減だけでなく、人生をよりよく豊かに生きるためにも必要である。生きる意味や目的、生きがいを求めるためにも、五感を活用して、感性や感受性を高めることが大切である。逆に言えば、生きる意味や目的、生きがいを明確にもっている人は、ストレス耐性が強いのかもしれない。

五感を開くためには、こころとからだの緊張が解けるように、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動や、歌や音読などの発声が、準備や費用も必要なく、手軽にできて有効である。また、自然が豊かな場所、季節感を感じられるような環境もよい。何よりも、本人が「ここちよい」と感じられる環境が一番である。

人それぞれの好みや趣向にもよるが、日本人なら、四季折々の自然のうつろいを感じて、「美しい」と感じる美的感覚や感受性をもって生きていきたい。

tone
[PR]
by tonepedra | 2011-10-03 11:33 | 五感

五感で季節を感じる

昨日は夏のように暑いと思ったら、今日は体の底から冷えるような雨が降った。このところの天候不順で、自分自身の体調も崩しそうである。暑くなったり寒くなったりして変わりやすいのが4月の気候であるが、このところの寒暖の差の激しさは、異常気象(温暖化もしくは寒冷化?)を物語っているようである。

そうはいっても、季節が訪れれば、花は咲くし、木々の葉は生い茂る。暑い寒いと言っているが、そうこうしているうちに、早くも、新緑がまぶしい季節の訪れを感じられている。

日本には四季があり、さらに二十四節気がある。また、季節にちなんだ年中行事や地域の行事もある。日本人は、季節感を大切にする民族である。春夏秋冬だけでなく、季節のはざまの移ろいにもいつくしみを感じている。春は、満開の桜を愛で、散りゆく桜の花びらを惜しみ、夏は暑い日の木陰のさわやかな風や川の冷たい水に感謝し、秋は紅葉のさまざまな色合いや美しさを愛で、冬は澄みきった美しい夜空の星に想いを馳せる。なおかつ、春はたけのこ、秋はきのこ、などと食事も季節感を求められている。俳句には季語が欠かせないが、季節を大切にするからこそ生まれたものである。季節をこんなに豊かに感じて楽しめる感性こそ、日本人の独自の民族性であり、DNAなのではないかと感じている。

時代とともに、いったん衰退していた季節の伝統的な行事も、最近は若い世代にも見直されてきている。本屋に行くと、季節の行事に関する書籍も多くみられるようになった。私が愛読しているのは、高橋紀子著「和の行事えほん」(全2巻、2006年、あすなろ書房)である。行事についてわかりやすく説明されていて、なおかつ挿し絵が可愛らしく、子供も大人も楽しめる。

日本の季節の年中行事は、季節の植物を用いたものが多い。お正月にはマツ、節分にはマメ、ひな祭りにはモモ、端午の節句にはショウブ、七夕にはササ、重陽の節句にはキク、冬至にはユズやカボチャなどある。
そして、季節の植物を用いた行事には、健康や長寿を祈願するものが多い。植物の力を通して、神や仏に祈りをささげていたのだ。

季節の行事は、五感で感じられるものが多い。目で見て、耳で聞いて、手で触れて、鼻で匂いを嗅いで、舌で味わって・・・五感を活性化させることによって、植物の力を自分のからだやこころに取り入れることができるのだ。季節の植物には、その時にしかない特別な力がある。現在は、新暦で行事が行われているため、植物をわざわざ温室で育てているが、旧暦で行えば、その季節だけの、旬の植物の力にめぐりあうことができる。

日本人にとって、五感を十分に活用して、季節感を愛でることは、日本人として誇るべき民族性だと感じている。また、このような季節感を通して五感を研ぎ澄ませること、五感で感じられたことを通して自分自身の内面に向き合うことは、こころのケアのひとつともいえる。

季節の行事や植物を大切にしたり、五感を研ぎ澄ませたりすることは、こどもの頃からの情緒教育が大切になってくる。両親が、こどもが幼少の頃から道端の花の名前を教えたり、いろんな行事を体験させたりしていれば、自然や文化や季節感を大切にするように成長するだろう。

だが、大人になってからでも、季節感を愛でることや五感で感じることを大切にするのは、遅くはない。感性を磨き、感受性を豊かにすることは、いつから始めても、決して遅すぎるということはない。こどもからお年寄りまで、こころを育むことは続いているのだ。

こころは、人によってひとりひとり感じ方が違うから、日本人だからといって、すべての人において季節の植物や行事が有効であるとは限らない。しかし、大勢の日本人が春は桜を愛で、秋は紅葉を堪能するわけであるから、やはり、人は植物を自ずから求めているのだろう。自然や植物を自らが欲しているときは、やはり、その場に身をゆだねて、植物や自然に触れ、五感を活性化させ、こころを解き放つことが大切である。ストレスをかかえやすいこの時期、植物や自然を、五感をフルに活用させて「感じる」ことが、ストレス発散やこころのケアにつながる。

tone
[PR]
by tonepedra | 2010-04-22 23:45 | 五感