「ほっ」と。キャンペーン

あをによし 奈良の都の 薬草曼荼羅

toneriver.exblog.jp
ブログトップ

秋の贈り物

f0223014_18314837.jpg

今日、久しぶりに砧公園での芸術療法ワークショップに参加した。
今日は爽やかな小春日和。公園は、あたたかくて穏やかな秋の陽射しに包まれていた。モミジの紅葉はまだだが、色とりどりの木々の紅葉が、陽射しにキラキラと輝いていた。

今日のお題は、公園の落ち葉や枝や木の実などを拾って、その場かぎりのアートを作ること。私は、写真のように、落ち葉とどんぐりを使って、4枚の画用紙に、『秋の贈り物』を表現してみた。

まず、左上は、落ち葉やどんぐりが入ったギフトボックス。箱の下に描いた水色は、空の色でもあり、水の色でもあり、いのちの色でもある。
左下の絵は、いろいろな色の葉を描いてみた。時々、落ち葉やどんぐりを混ぜながら。
右上の絵は、さまざまな色に紅葉した樹を描いた。これから落葉して枯れようとするいのちに対して、老化とか死とかのイメージではなく、生への喜び(再生への期待、希望)をこめて。
右下の絵は、私の大好きな「奈良三彩」の基調となる黄色と緑色を描き、その上に黄色と黄緑色の葉やどんぐりを乗せた。黄色と黄緑色が混じった黄葉は、とても綺麗だったからだ。

で、今日はこんな詩を添えてみた↓


『秋の贈り物』

秋は落葉がきれい。
緑色から黄色、赤色、オレンジ色、茶色などへと変わっていくのを見るのは楽しい。
時がたつと、人もいろいろと変わっていく。
食べるものも、着るものも、付き合う人も、趣味も、行く場所も。
でも、こころの奥底にある芯は、そう簡単には変わらないし、変えられない。
葉が落ちて、枯れてしまっても、春には再び若い芽や葉や花が生まれるように、人のこころも、何度でも花咲くことはできるはず。
これからも、いろんな花を咲かせて、いろんな色を楽しめる人生を送りたい。
そして、枯れていくいのちを大切にしたい。



花も実も終わって、葉っぱが落ちて、枝と幹と根っこだけになった木は、見かけは枯れ木だけれど、死んでいるわけではなく、春をじっと待っている。人間も、年を重ねると、見かけは老いてくるが、中身はワインが熟すように、味わい深くなってくる。
年を重ねることは、しわやしみが増えたり、カサカサと乾燥したり、動くのがしんどくなったり、物忘れがひどくなったり、嫌なこともあるけど、いいことや楽しいこともたくさんあるんだって、信じて生きていきたい。年を重ねると、こんなにキラキラ輝けるんだよって、彩り豊かに色づいた木々の葉っぱたちが、私たちにそっと教えてくれる。それが、ささやかな秋の贈り物。

tone
[PR]
# by tonepedra | 2011-11-14 18:31

ストレスと五感

私たちは、日々、ストレスにあふれた社会で日常生活を送っている。
家庭でも、職場でも、地域社会でも、たとえひとりきりでひきこもって生きているとしても、何らかのストレスと向き合って生きている。
ストレスによるうつや自殺は増加し、私が住んでいる東京では、毎日のように、どこかの駅で人身事故が起きている。そして、人身事故が起きても、その人の気持ちや人生を思うことなく、事故で電車が遅れることばかりに気をとられてしまうほど、人々のこころは荒んでいる。

ストレスは、生きていくうえでは切り離すことができないものであるが、ストレスを上手に対処して自分のこころとからだを調和することができれば、ストレスは「人生のスパイス」となって、よりよい人生を送ることができる。

セリエの定義では、ストレスの原因となるものを「ストレス刺激(ストレッサー)」、それに対する心身の反応を、「ストレス反応(ストレス)」と呼んでいるが、日本ではどちらも「ストレス」と呼んでいる。でも、ストレッサーがそのままストレスに結びつくわけではない。ストレスを受けとめる人の感受性や適応力、または人間関係や環境などさまざまな要因が絡み合って、ストレスの重さを左右している。

ストレスの対処方法は、人によって異なるが、たとえば私の場合は、自然に触れたり、お寺や神社をお参りしたり、博物館や美術館に行ったり、おいしいものを食べたりすることである。この時、活用するのが「五感」である。

「五感」は、視覚(見る)、聴覚(聞く)、嗅覚(嗅ぐ)、味覚(味わう)、触覚(触れる)の5つであるが、心身の疲労が蓄積されると、五感は閉ざされ、五感は鈍化する。また、加齢や疾患、症状によっても、鈍化する。
もし、目の前に広大で緑あふれる自然の景色があるとしても、五感を使って感じる感性や感受性が閉ざされていたら、せっかく自然の豊かな景色を見ても、「美しい」とか「気持ちいい」とか「癒される」とか感じることがなく、ストレスの軽減を図ることはできない。

そもそも、「美しい」とか「気持ちいい」とか「癒される」と感じるこころとは、なんだろうか?同じ景色を見ても、その人によって、感じ方は異なる。自然の豊かな景色を見ても、ストレスが発散されて元気になる人もいれば、何も感じない人もいる。
大切なことは、その人に合ったストレスの対処方法を、その人自身が自覚して、ストレスを対処する行動を取れていればよい。
しかし、自分自身のストレス刺激が何なのか、自分のストレスの重さはどのくらいなのか、気付くことができない場合もある。自分のストレスや苦しみに、目をそらして生きようとしている場合もある。

自分のストレスを見つめることは、自分のこころとからだの調和(健康)を維持・向上するために大切なことである。そのために、「五感を開くこと」そして「感性や感受性を磨くこと」は、とても大切なことである。自分自身のこころやからだも含めて、いろんなことを五感で感じることができなければ、ストレスの原因も対処方法も探せない。
五感を使うことは、ストレスの軽減だけでなく、人生をよりよく豊かに生きるためにも必要である。生きる意味や目的、生きがいを求めるためにも、五感を活用して、感性や感受性を高めることが大切である。逆に言えば、生きる意味や目的、生きがいを明確にもっている人は、ストレス耐性が強いのかもしれない。

五感を開くためには、こころとからだの緊張が解けるように、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動や、歌や音読などの発声が、準備や費用も必要なく、手軽にできて有効である。また、自然が豊かな場所、季節感を感じられるような環境もよい。何よりも、本人が「ここちよい」と感じられる環境が一番である。

人それぞれの好みや趣向にもよるが、日本人なら、四季折々の自然のうつろいを感じて、「美しい」と感じる美的感覚や感受性をもって生きていきたい。

tone
[PR]
# by tonepedra | 2011-10-03 11:33 | 五感

いのちのたね

f0223014_1135944.jpg

奈良・春日大社の中にある、風宮神社の傍らに、七種寄木(なないろのやどりぎ)という不思議な木がある。

七種寄木は、カゴノキを母樹として、ツバキ、ナンテン、ニワトコ、フジ、カエデ、サクラが着生した。風宮神社の風神が、いろいろな種を風に乗せて運んできたとされる。
風神は、息を司ることから、いのちの神様でもある。この木は、風で種が運ばれて、いのちが「宿る」ということから、「子を授かる」、または、「妊婦を守る」という信仰が厚い。
ちなみに、この木に、願い事を書いたこよりを結ぶと、願いが叶うらしい。

目に見えない風が、いのちを宿すということは、一見、不思議なことのように思われるが、実は、理にかなっている。風はいつも新鮮な空気を運んでくれる。植物にとっても、人間や動物にとっても、空気(酸素や二酸化炭素)は、生きていく上でなくてはならない、大切なもの。軽やかな風は、新鮮な空気を運び、いのちを支える。淀んだ重い空気は、病気や疫など、いのちにとって悪いことを招く。

風が吹くということは、流れているということ。
同じものは二つとしてなく、同じような時は二度と流れない。つまり、「無常」だということ。
いのちは、風のように、流れている。過去から未来に向かって、誕生から死にむかって、時間とともに着実に流れている。

いのちはみんな、最初、ひとつぶのたねだった。たねが芽を出し、葉を広げ、枝や茎を伸ばし、花を咲かせ、実を結び、また、ひとつぶのたねに戻る。いのちは、そんな堂々巡りの繰り返し。だけど、繰り返されるいのちに、どんな意味や目的があるのかはわからないけど、ひとつぶのたねを大切に守るために、植物も動物も人間も、一生懸命生きている。

いのちのたねは、「風火水土」に支えられて、成長し生きている。風(空気)も、火(太陽の光と熱)も、水も、土も、どれが欠けても、いのちは生きてはいけない。
時々、風火水土は、台風や異常気象や津波や地震などに姿を変えて、人間に対して、怒りと戒めを見せる。それでも、人間は、私自身も含めて、自然の恵みへの感謝と畏怖を忘れてしまう。本当は、そのことこそ、人間は忘れてはならないのに。

七種寄木は、七つのいのちが、寄り添って生きている。
こんなふうに、お互い支え合って生きていけたらいいな。

tone
[PR]
# by tonepedra | 2011-09-01 11:04 | 神社仏閣

森のひとかけら

f0223014_20545944.jpg

7月17〜18日、トトラボ主催・キープ協会協力のプログラム「清里高原・夏の森 植物療法野外実習 〜生命の煌めきをみつめる〜」に参加した。
今まで清里には何回か訪れているが、毎回、自然を五感で感じ、さまざまな人とかかわり、植物の活用法や楽しみ方、自然とのかかわりを通した人生の生き方など、いろんな学びや知慧をお土産にいただいてきた。
今回のプログラムでは、清里の森の散歩と摘み草、清里モミのエアフレッシュナー作り、摘み草のパウダーのアイスクリーム、ココナッツシュガーのスクラブ作り、モミの樹脂の軟膏作りなどを行った。
その中で、特に、私のこころに残ったのは、森の散歩の途中で行った「ア・ピース・オブ・フォレスト(森のひとかけら)」というプログラムだった。

「ア・ピース・オブ・フォレスト」は、森に宿った小さないのち(生えたばかりの森の木の芽、幼木)を,参加者が自らの手で土を掘り起こし、そっと植木鉢に植え替えて、自宅に持ち帰って育てて、ある程度大きく育ったら森に返すというプロジェクトである。小さな芽は、森の中では陽当たりが不十分で、大きな木のそばに生えていたら負けてしまうし、動物たちに食べられてしまう可能性や踏みつぶされてしまう可能性も高い。でも、その小さないのちを、そっと森の外に持ち帰ることで、日光や水が与えられたら、森の中では消えてしまうかもしれない小さないのちを救えるかもしれない。もちろん、それぞれ持ち帰った場所は、清里の環境とは異なるから、育たずに枯れてしまうかもしれない。でも、木を育てるということで、いのちの大切さ、かけがえのなさを、少しでも感じたり考えたりするきっかけになればよい。
私は、モミジの幼木(芽)を持ち帰った。その森には、モミジの幼木をいくつかみかけたが、大きく育っているものはあまり見かけなかったので、モミジが育つには困難な環境なのではないかと考えた。本当は、最初、モミの幼木を探していたのだが、なかなか見つからず、なぜかモミジばかりが私の目についたので、モミジの幼木をいただくことにした。
清里の森の土は、栄養が豊富そうで、ふかふかとしていて、とても柔らかかった。そして、ちいさな虫もたくさんいた。
ちなみに、写真の左側が私が植えたモミジの木で、右側は私の友達が植えたハリキリの木である。下の紙は、森の小さないのちの育て方の秘伝が書かれた虎の巻である。

森の小さないのちを、わざわざ植えかえて、森とは環境の異なる都会に持ち帰り、自分のものにするのは、もしかしたら人間の傲慢かもしれない。でも、いのちは、別のいのちに依存しながら生きている。いのちは、ひとりだけでは生きることができない。私たちは、自然の恵みをいただきながら生きている。世の中のものは、すべてつながっており、関連性がある。講義では、四季(春夏秋冬)の円をもとに、「円環性」について学んだ。いのちはすべて、生まれてから死ぬまで、円環性をもっている。
四季は、よく人生に例えられることがある。春はいのちの芽吹き、夏は成長や開花、秋は成熟や実り、冬は智慧や浄化、というように。
もし、「円環性」を、あえて別の言葉で言うとしたら、「縁」ではないだろうか。そして、仏教用語の「縁起」という言葉も思い浮かんだ。もし、「円環性」を描くとしたら、仏教のなかでは、それは「曼荼羅」というかたちになるのかもしれない。
「縁起」とは、「物事には必ず理由や原因がある」という意味である。世の中には、わからないことはたくさんあるが、理由や原因は必ずある。いのちが生まれることも、生きることも、喜怒哀楽を体験することも、やがて死ぬことも、きっと理由はある。答えは見つからないかもしれないが、答えを求めて生きていくことに、生きる意味があるような気がする。

今年は、地震、原発事故、放射能汚染という難しい問題を通して、「いのちってなんだろう」という問いかけをぶつけられた気がする。人にはいろんな考えや想いや価値観があるが、いのちに変わりはない。どんないのちも大切で、生きているということだけで価値がある。

「森のひとかけら」は、宇宙、あるいは、いのちを織りなす「曼荼羅」のひとかけらなのかもしれない。

tone
[PR]
# by tonepedra | 2011-07-22 20:54 | 薬草/植物療法

人生の道草

f0223014_1843371.jpg

今日、公園を散歩していたら、カラタネオガタマ(唐種招種または唐種小賀玉、学名:Michelia figo、モクレン科)の花が咲いているのを見つけた。

カラタネオガタマは、中国原産で、江戸時代に渡来した、高さ3〜5mの常緑樹である。バナナのような香りがするのが特徴的である。和名のオガタマは、神道の「招霊」(おぎたま)から転化したもので、「神の木」ともいわれ、神社にもよく植えられており、昔から神事に用いられてきた。また、俳句の季語としても用いられる。
5〜6月、初夏から梅雨にかけてのつかの間の時期、ひっそりと咲くこの花は、あまり目立たない。しかし、地味でありながら清楚で可憐な姿は、薫風のように、こころをそっと爽やかにしてくれる。

実は、この木は、私が住んでいるマンションの庭にもあるが、ここに引っ越してくるまで、私はこの木について何も知らなかった。自分が行ったことがある公園や神社にも、カラタネオガタマの花は咲いていたはずなのに、子供の頃も、大人になってからも、この花の存在に気づかずにいた。
思えば、私は、今まであまり周りの環境を観察せずに、あるいは周りの人に目配りや気配りをせずに、自分勝手で独りよがりに育ってきたのかもしれない。

子供の頃、私たちはよく「道草」をした。「道草」とは、「目的の場所へたどりつく途中で、他のことに関わって時間を費やすこと」であり、大人から見れば「時間の浪費であり、意味のない行為」としてとらえられがちである。しかし、環境心理学では、道草は「子供の精神的な成長・発達」や「子供の社会化」に役立つといわれている。今では、大人の都合と欲望に照らし合わされた都市開発がされて、子供達が安心して道草を楽しめるような環境はなくなりつつあるが、その一方で、安心して道草ができるまちづくりの重要性が高まってきている。

大人になった今の自分に足りないものは、他者への気配りや配慮、優しさだと感じているが、それは、道草が足りないせいかもしれない。
ウォーキングは、健康維持のために重要だといわれているが、ただひたすら歩くウォーキングよりも、何かに気づき、立ち止まり、じっと観察したり、思わず夢中になったりするような道草のほうが、人生において、ずっと大切なことであるような気がする。

人生には、幸せも不幸も、喜びも悲しみも、成功も失敗もたくさんある。人それぞれ、人生でさまざまなことを体験するが、たとえ、人生がマイナス方向にいったとしても、道草をするようなこころのゆとりがあれば、あるいは道草をした時の経験や気持ちを思い出せば、たぶんほんの少し幸せに近づける気がする。

人生には、まっすぐひたすら歩くことも、時にはぶらぶらと寄り道することも、どちらも大切。でも、こんな世の中だからこそ、大人も子供も、もっと道草をして、笑顔になれればいいな。

tone
[PR]
# by tonepedra | 2011-05-31 18:43 | 人生の教え/生きる智慧