「ほっ」と。キャンペーン

あをによし 奈良の都の 薬草曼荼羅

toneriver.exblog.jp
ブログトップ

花の香り

今日、神代植物公園に行った。
つつじ園では、タチバナ(橘)が咲いていた(一番上の写真)。
バラ園では、ローズドメイ(「5月のバラ」という意味のオールドローズ、ダマスク系)が咲いていた(真ん中の写真)。
そして、温室では、イェイライシャン(夜来香)が咲いていた(一番下の写真)。
どれも、とてもいい香りのする花である。
もっとも、イェイライシャンは、夜に香る花であるが、少しだけ香りがした。

花の香りは、その場限り。瓶に閉じ込めることはできない。
乾燥させるとか、蒸留するとか、アルコールに漬けるとか、そういう方法で香りを保存するというのもあるけど、その花の本当の香りは、一期一会。つまり、咲いている時だけである。
生きている花の香り、咲いている花の香りは、本当に素晴らしくてこころをうたれる。
最近では、芳香剤や入浴剤やアロマなど、さまざまな香りがある。それらは、すでに生活の一部であり、それらによって、心地よさや快適さが提供されている。
しかし、ほんまもんの花の香りは、生きて、咲いているときだけの一期一会の香りである。そのときにしか咲いていないからこそ、その花に出会えると、喜びや幸せに包まれる。

人間も同じである。
人生には、人それぞれの香りがある。
実際に匂うわけではなく(まあ、赤ちゃんはミルクの匂いとか、年を取れば加齢臭とかといわれたりすることもあるが)、その人の香りとは、その人の人格であったり、個性であったり、想いであったり、願いであったり、夢であったりするのではないかと考える。
自分の人生の香りを例えたら、なんだろうか。
自分を花の香りに例えたら、何の花になるかな。
今度、そんなワークショップをやってみたいな。

tone



f0223014_18464118.jpg

f0223014_18464174.jpg

f0223014_18464166.jpg

[PR]
by tonepedra | 2013-05-25 18:46 | 植物